シンガポールとマレーシア行ってきた その2

こんにちは。

というわけでなんとかバスをつかまえて国境越えに成功したのが22:05。記念のスクリーンショット。右側には太いパイプが3本。2本はマレーシアから輸入している原水、1本はマレーシアに輸出する上水だとのことです。ここ壊れたらシンガポールの人困るよなぁ、とか思いつつ渋滞路を進みます。

確か直前まではSingtelでバリ3だったんですが、Malaysia側に入ったら一旦シグナルが途切れました。しばらくするとMAXISというやつに切り替わりましたが一旦モバイルデータのON/OFFが必要だったと思います。

SIMカードは今回も安定のAIS Sim2Flyです。日本でactivateしてからそのまま入れっぱなしですが、3カ国で問題なくローミングしています。

JB側でもimmigrationを通過しますが、とくに問題なし。そのままJB sentralという駅舎の方に向かいます。

マレーシア語はローマ字読みがそのままローマ字で記載するのでcentralじゃなくてsentralです。Taxiじゃなくてteksiだし、pharmacyはfarmasiでなかなかスペルミスっぽくて楽しくて良い。

Johor Bahruの駅周辺の構造は縦(南北)に細長くって、東側からCheckpoint ー 道路 ー JB sentral駅 ー 道路 ー JB City square(ショッピングモール)ー 道路 ー ホテルやら銀行やら ー 道路 ー ホテルやらいろいろ工事中 ー 道路 ー ローカルな感じの店、っていうようにCheckpointから遠ざかるほどローカル感が増えてきます。南に行くとCity squareの先からは一気にアジアのローカルな感じになります。

北を向いてみるとこんな感じなのですが、

南を向いてみるとこうなって低層建築がたくさんある、という感じです。ライトアップされててきれい。

そもそもJBはMalaysiaの第二の都市なのですが、Singaporeとの距離を利用して、深圳ー香港みたいな関係で商業・工業地区としての開発を進めよう、ということでいろいろgentrificationを進めている・進めていたところらしいのでした。だからでかいショッピングモールやらホテルやらがにょきにょき建っているようです。ただ建っているのがやたら高級なコンドミニアムばっかりで地元の人に利するようになっているかはちょっとわかりません。

ホテルはcity squareからちょっと北に行ったAmari Johor Bahruというところにしました。1泊8000円ちょっとでプールまで着いてきます。早くついてプールで泳ごうと思ったのですが、事前準備が不十分で水着を持って行くのを忘れました・・・

Night marketをやっていました。現在深夜0時くらいです。

マレーシア飯。Warung Pokok Cherryというところ。安い。

ちなみにマレーシアはイスラム教国なのでお酒は売ってますが高いです。ビール500mLが500円以上しました。ヒジャブをかぶっている女性がいっぱいいたりして、シンガポールとは別の国に来たんだな、という感じ。

バス乗ってるだけだから楽だと思っていたら、思いの外国境越えでいろいろ疲弊したので、ホテルに到着して周囲を歩き回って寝たのが2時くらい。起きたら10時過ぎでしっかり寝坊しました。もったいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です