Jビザ更新にカナダに行こうというお話 その1

いきなりで恐縮ですが、現在進行形(2018年3月らへん)のビザの話。

私はJ-1ビザというものを発行されてアメリカに入国しています。滞在が許可される期間はDS-2019という書類に記載されています。ビザは入国に必要な書類なので、仮にビザが切れてもDS-2019が有効である限りアメリカに滞在し続けることはできますがいったん国外に出ると再入国できません。で、日本に帰る予定もあったためビザを更新したいという話です。で、現在の状況。

  1. 留学期間を延長した
  2. DS-2019を更新してもらった
  3. どこかアメリカ国外でビザ更新をしないといけない←いまここ

たいていの人は日本に帰りますしそれが一番素直です。留学生の中では伝え聞いた話ではTorontoでビザ更新する人が多いらしいのですが、あまり具体的な話はなく。私はGeorgia州に住んでいるのでメキシコのが近いのですが、スペイン語話せないのでカナダを選択することにしました。

J-1ないしJ-2ビザの更新に必要なのはDS-160という書類 、SEVISの支払い記録、証明写真、ビザ更新費用と大使館での面接の予約になります。基本的には新規申請と同じことを繰り返すことになります。

面接日時が決まらないと航空券やらホテルやらの予約ができません。面接可能な日時は大使館の場所によって違います。でも日時を決める前にDS-160を仕上げなければいけません。私が行った具体的な解決策を以下に示します。

  1. まずDS-160サイトに行き、とにかくapplication numberをゲットする。入力できるところまで入力して保存(自分+家族分全員)。この時点では面接場所の指定は不要。
  2. そのapplication numberをもって面接予約のサイトから面接場所・日時の選択画面まで進む(お金払うページのあと)。
  3. その情報を見てホテルやら航空券やらをチェックする
  4. DS-160サイトに戻り、最終的な面接場所を決定してDS-160を完成させる
  5. 面接予約サイトを登録完了する

何かもっといい方法があったらコメントいただけると幸いです。

なお、受け取りの場所はDHLのオフィスをすべて指定できるらしく、カナダの地理に詳しいあなたなら大丈夫です。私は横のウィンドウでgoogle mapを開いて調べまくりました。

問題は一番知りたい「何日後にビザができあがるか」の情報が全くないことです。これは実体験をもとにあとで記載したいと思います。Torontoは全く面接の空きがなく4〜5ヶ月の待期が必要だったため、Vancouverでビザを更新することになってしまいました。ナイアガラの滝・・・

現時点で片道切符と1週間分のAirBnBを予約して待機中です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です